理念・ビジョン

わたしたちがめざすもの

コムネット・デンタルサポートは、1987年にスタートしました。創立社長が、歯医者さんで黙って歯を抜かれた、という出来事が発端でした。「患者に一言の説明もなしに抜いてしまうなんて!」とショックを受けました。しかしドクターは「歯の状態を説明してもわからないと思った」「どうせ抜かなければならない歯だったので・・・」と弁解しました。これは、当時の病院では、ごくあたりまえの意識だったのです。悪い歯を抜いて痛みをとってあげたのになぜ怒っているのかわからない、という顔をしていたといいます。

 

この「治療してあげている」という考えはおかしい。病院は誰のためにあるのか。私たちはこの疑問を出発点に、ITを活用した歯科情報サービスの新しいビジネスモデル「デンタルサポート」を立ち上げました。患者中心の医療めざし、医院と患者の間にある意識や情報のギャップを埋めていこうと考えたのです。それぞれの患者さんの環境や考え方を尊重する医療。その実現のためには患者さんに正確な情報を提供し、ていねいに説明する。そして患者側も受身ではなく納得して自分で決める。私たちは、そのためにはコミュニケーションがもっとも大切だと考えました。相互理解と信頼こそが「医療の原点」だからです。
しかし、歯科医院が独自でわかりやすい説明を行い、リコール等の取り組みを行うには相当の努力が求められます。そこで私たちは、サポート(支援)企画として、医院の理念や診療方針をまとめたリーフレット、問診表、口の中の状態や治療内容を説明するツールを制作しました。そしてパソコンでデータを管理して、世代や性別等の患者さんに則したリコールや、メンテナンスの提案をする予防システム開発など、それまでの歯科医院にはなかった、患者さん向けのツールやノウハウを開発し、歯科医院のイノベーション(改革)を応援してきました。

 

歯科界をとりまく環境は大きく変化しています。「歯科医院過剰」が叫ばれ、医療費削減の政策も医院経営を圧迫しています。また、患者さんの「予防」の意識も、カリオロジーも大きく前進し、かつてのように、患者さんが虫歯で行列を作った時代とは比較にならない時代がやってきています。環境の激しい変化のなかで、歯科医療にも「CHANGEの時代」が到来しています。

 

今求められる歯科医院、患者さんに選ばれる医院は、きちんと説明する医院、予防管理で健康を守り育てる医院、そして笑顔にあふれる歯科医院です。私たちは、その延長線上に「治療」のパイを奪い合う「競争原理」ではない「新しい歯科の世界」を展望しています。「8020時代」を迎え、歯科医療には、口腔ケアで命を守り、全身の健康に寄与しながら、「スマイル」「美と健康」「アンチエイジング」「呼吸」「食育」「癒し」等、人々のQOL(クオリティオブライフ)に直結した、青い海のように広い可能性が存在します。「歯科のテーマは無限」です。

 

コムネットは、四半世紀以上、新しい「価値」と「信頼」を生む医院への革新、そして「たゆみないコミュニケーション」のためにがんばってきました。そしてこれからも、「勝ち負け」ではない、患者さんの笑顔のための「価値組」歯科医院づくりを応援します。その努力のなかにこそ、医院繁栄の王道があると考えています。 さあ、ただちに行動を開始しましょう。ご一緒に、日本の医療を、歯科医院から変えていきましょう!

コムネット・ポリシー

わたしたちは、患者さんを第一義に考えます。

四半世紀以上、私たちは患者さんを真ん中にして、予防歯科の推進と、歯科医院と患者さんの間にある コミュニケーション・ギャップを埋め、信頼関係を築くことを柱とするデンタルサポートの仕事を立ち上げました。

 

このテーマは、これからの歯科医院経営にとってますます必要不可欠なものであると考えます。 補綴中心の「後追い治療」から脱却して「予防」にシフトする、そして良好な咬合・噛む機能を育成するとともに、患者さんの願いである「健康」と「美」すなわちQuality Of Lifeに焦点を定めた審美や口臭、食育、栄養指導から子育てまで、多様なテーマにチャレンジする。 こうした歯科の「新しい価値」の創造をめざす医院経営を進めるなかに、歯科の活躍の可能性と経営向上の道があり、その先に歯科の明るい未来があると考えています。

口腔をつうじて、全身の健康と人々の幸せをめざす「新しい歯科医療」の〈希望〉へのワンステップを、心から応援します。